稲城市で慢性頭痛改善なら、稲城長沼はせ川接骨院・整体院へ

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 偏頭痛を繰り返していて、処方薬を飲んでても良くならない
  • 頑固な首肩こり、頭痛もしょっちゅう
  • 生理のたびに起きるズキズキする頭痛と肩こり
  • 朝起きた時から頭が重く、一日中スッキリしない
  • 慢性的な疲労感、体が重く気力が出ない
  • 頭がスッキリしない、ボーッとしてしまう
  • 慢性的な目の疲れで集中できない
  • 首肩のコリだけでなく背中もガチガチ
  • 慢性的な疲労と睡眠不足で、いつもモヤモヤしている
  • 頭痛外来に行って、薬を飲んでいても良くならない

これらの原因は、全て神経機能がバランスを崩していることが原因かもしれません。

神経機能が正常に機能していないと、薬を飲んでもマッサージを受けても睡眠をとっても症状は改善しません。

人間は筋肉を動かすのも、内臓を動かすのも、思考を巡らすのもすべて神経を介して行われています。神経機能がバランスを崩してしまうと、血の巡り、ホルモン、筋緊張、倦怠感が合わさり全身症状を伴う慢性頭痛を引き起こす原因になります。

稲城長沼はせ川接骨院・整体院では、バイオメカニクスに基づく整体で、頭蓋骨から体幹機能を調整することで、多くの悩みを解決することができます。

SE・プログラマーなどデスクワーカーに慢性頭痛や肩こりが多い理由

システムエンジニア、プログラマーなど多くのデスクワーカーの頭痛、肩こりは首と顎がガチガチに緊張しているのが特です。

SEやプログラマーに代表されるデスクワークでは、ほぼ指先だけしか使わない長時間のデスクワークのため全身のインナーマッスルが働きづらく特定の筋肉ばかりに負担が偏ってしまいます。それと同時に、集中して作業をし続けることで精神的にも大きな負担がかかり、歯を食いしばってしまう傾向があります。首や顎の筋肉に大きな負担をかける方が多いことから、筋緊張型の頭痛が多くなります。

首がガチガチに硬くなってしまう原因は、肩甲骨の筋力低下

肩甲骨を安定させる筋力が弱くなっていると頭の重さや姿勢を支えるために、肩甲骨の筋肉の代わりに胸の筋肉が働き過ぎて固くなり猫背や巻き方になります。その影響で背骨の並びが真っ直ぐに固定されてしまうストレートネックになります

ストレートネックになると首の筋肉が引っ張られガチガチに張ってくるため、神経を圧迫し、強い肩こりだけでなく腕の痺れなどにも広がってきます。

左施術前:右施術後(5分後)


適切なトレーニングを行えば5分で体は変化します。

胸の厚み、背中の丸み、肩の位置、首の筋肉の張りや盛り上がりなど変化が見て取れます。頭痛を改善するためには、力感のない自然体で姿勢を変化させる必要がありますが、インナーマッスルの筋力バランスを調整すれば姿勢はその場で変わります。

患者様の声

一番根が深かった慢性疲労も目覚めが良くなり頭がスッキリするなど改善

橋本勇介様

人当たりも良く、確かな知識と技術を持った信頼の出来る接骨院です。第一印象は、「良い意味で接骨院の枠を超えている」でした。症状にもよるとは思いますが、通常の姿勢、歩行姿勢、体幹と言ったところまで確認し、原因と思われる箇所をビジュアル化してわかりやすく説明して下さる段階で知見の多さがわかります。私は10年以上身体の調子が優れず、頭痛や肩凝り、寝ても疲れが取れない慢性疲労に悩まされ、頭痛外来、鍼灸院、接骨院と色々なアプローチから改善を図っておりましたが、根本治療には至らずでした。こちらの接骨院は通うごとに改善が見られ、一番根が深かった慢性疲労も目覚めが良くなり頭がスッキリするなど改善が見られました。先生曰く、まだ道半ばとの事で更なる改善を楽しみに暫く通わせて頂こうと思います。他に、捻挫などの良くある症状へも最適なサポーターを提案してわざわざ発注して下さったりと最善を尽くして下さいました。特に、薬や手術で治らない身体の不調で悩まれている方は是非一度相談してみて下さい。お勧めです!!

姿勢、頭痛、肩こりも説明通り明らかに変化が出るのでかなり納得します

m yoko様

なかなか治らなかった頭痛がなくなりました!頭痛持ちで普段は薬に頼っていましたが、いつもよりひどく、仕事にも集中できなく困っていたので他の方法を試してみようと通い始めました。最初はまさかこんなところに原因があったとは…と目から鱗でしたが、姿勢、頭痛、肩こりも説明通り明らかに変化が出るのでかなり納得します。特にその場で変化するのにはみんな驚くと思います。整体のイメージが変わりました。なかなか治らない痛みがある人は一度身体をみてもらうと良いと思います。

施術前と施術後で目で見て変化がわかりました

Suzuki Kaori様

始めに、他の接骨院では今までなかった程に色々と質問を受けて、先生の親身さが伝わり、安心して受ける心の準備が出来ました。まず身体の症状に合わせ、色々と丁寧に説明をして頂き、その部分のトレーニングを一緒にやって頂きました。思ったよりハードでしたが、その分効果が期待できそうでした。最後に頭蓋骨のマッサージをして頂いたのですが、眠ってしまうほどに気持ち良かったです。術前と術後で目で見て変化がわかりました。また、頭蓋骨マッサージ後、顔の浮腫がとれて小顔効果が現れました。1時間近くの施術で、初回¥1.980-では申し訳無いほどに大満足です。すぐに定期的に伺う事を決めました。医院も清潔で、先生もとても穏やかで見た目通りの優しい先生です。駅からも近いので、悩んでる方は迷わず行く事をお勧めします‼︎

左施術前:右施術後

およそ40分の施術。インナーマッスルのトレーニング、筋膜リリース、体幹部リリース、クレニオセラピーを行った後の顔面の画像上での変化。むくみが取れ、肌色も改善。自覚症状では、頭部の重感、眼精疲労、全身の倦怠感の改善。

頭全体が軽くなったような感じがあり、思考もすっきりしました

tomo N様

頭が締め付けられたり、たたかれるような頭痛と肩こりで悩んでいました。体の動きや姿勢をチェックしたあと、考えられる原因を説明してくださいました。先生と一緒に簡単なトレーニングをしたり、肩や頭の治療をしていただいたところ、肩こりも頭痛も軽くなくなりました。不思議でした。特に頭全体が軽くなったような感じがあり、思考もすっきりしました。
ぜひ、またよろしくお願いいたします。

初回で、かなり良くなりました!

ty様

私は頭痛、首肩の痛みが取れず悩んでいました。病院では「首がまっすぐ」になっていると言われ衝撃的でした。薬を飲んでも中々治らず、事あるごとにしつこく痛む頭痛と肩首回りの痛み。知り合いの紹介や、ホームページの口コミを参考に、こちらの整骨院に伺わせていただきました。病院ではなくてとても不安でしたが、先生は熱心に解説して下さり、沢山悪い所を指導して下さり、私は初回で、かなり良くなりました!仕事、育児の合間を縫って、念のため続けて通ってますが、今ではかなり前向きになり心身共に良い状態になった事を感謝しています!ありがとうございました!

頭痛外来にも行ってるし、薬も飲んでいるけど良くならない

脳や神経に異常はない。処方された薬を飲んでいるけどなかなか良くならない。こういった患者さまがいるのは事実ですし、多くはそのような理由で来院されます。

当院も根拠と科学的な情報は大事に考えておりますが、その一方で画像や数値化できないような生体リズムや圧力を調整することで劇的に変化することも珍しくありません。

頭痛は重篤な疾患の可能性もあるため注意深く経過観察をする必要がありますが、病院で異常のないと判断された頭痛に関しては別な視点からのアプローチを行ってみることも大切です。

偏頭痛と緊張型頭痛の微妙な違い

片頭痛、偏頭痛と聞くと、左右どちらかのコメカミ辺りを中心に起こる頭痛を想像しがちです。あまり知られていませんが、偏頭痛は必ずしも片側に起こるわけではなく、約4割は両側に起こります。

さらに、ズキズキと脈打つような頭痛と聞くとどうでしょうか?

血管性の拍動する頭痛は偏頭痛の特徴的な症状ですが、実は緊張型頭痛でも拍動するような頭痛は起きます。偏頭痛と緊張型頭痛。発生プロセスは明らかに異なるのですが、自覚症状の境界は非常に曖昧で、完全に分けることはできない連続体として捉えられます。

偏頭痛と緊張型頭痛は互いに影響し合う頭痛のため、治療においてはアプローチの順序が重要になってきます。

偏頭痛・片頭痛

[/box]

緊張型頭痛

[/box]

鬱・うつ

[/box]

なぜ神経機能が重要なのか?

頭蓋骨が何らかの影響で動きがなくなりリズムが乱れると、脳脊髄液の流れが滞り、神経系の負担が増すことで様々な症状を引き起こします

私たちが生きていくには、神経系の役割は絶大なものです。何も意識しなくても体温、呼吸、心拍、血圧、内臓機能、姿勢などの調節は自律的に行われています。それは絶えず神経系が働いているからです。

各器官に指令を伝える神経の一部が疲労したり働くなくなれば、筋力の低下、血流量の低下、体温の低下など全身の機能が低下すことになります。慢性頭痛を改善するためには、全身の司令塔である神経機能の正常化が欠かすことができない重要な要素です。

「頭痛外来で処方される薬を飲み続けている。」

「根本治療がキャッチコピーの整体や整骨院でマッサージや矯正などを受けている。」

それでも一時的には症状は良くなるけど、すぐに戻ってしまい治りきらない。それは、その場で症状を抑えるための対症療法に過ぎないからです。

【根本治療=症状が出ないようにすること】

だとすると、安定的に症状をコントロールするために必要なのは、体が自律的に正常な状態に保つコントロールする能力です。そのために必要なのは、神経系へのケアです。

筋肉のコリや痛み、呼吸、姿勢など全てに神経が関わっています、神経が正常化すれば全てが変わります。司令塔から正しい情報が伝わるようになると、その場で症状は変化し、軽くなります。

独自の慢性頭痛改善メソッド:クラシックメソッド
-CranioSacral and Core biomechanics-

クラシックメソッドは、神経生理学、生体力学を基礎としたアプローチに加え、生活習慣や環境にもフォーカスした慢性頭痛だけではなく、姿勢、関節などをトータルで解決するための独自理論です。

1.頭蓋骨

神経系のリラクセーションによる寝てしまうほど、穏やかで静かな頭痛治療。その要になるのが頭蓋骨の調整に用いるクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)です。

パズルのように組み合わさった22個ある頭蓋骨を適切な動きへと誘導することで、脳硬膜の緊張を解放することができます。頭蓋骨が適切なリズムで動くようになると脳脊髄液の循環を促進され、頭蓋内の圧力が落ち着き、神経系の負担を減らします。

治療後には頭や体がスッキリと軽く爽快な感じが得られる効果的かつ安全性の高い治療法です。神経系の司令塔である中枢神経にかかる負担を解放することは、生命維持活動だけでなく、姿勢や運動機能にも大きな影響があるため、クラシックメソッドのセッション内では一番時間を設けて行うアプローチになります。

>クレニオセラピーについて詳しくはコチラ


クラシックメソッドにおける頭蓋骨へのアプローチ

カウンセリングの中で頭痛やその症状を確認する

もっとも影響が大きいと思われる症状のメカニズムの仮説を立てる

仮説をもとに頭蓋骨を適切なリズムへと誘導する

2.神経

人間の生命維持活動は神経を介して行われています。そしてそれは大きく分けて2つに分かれます。

ひとつは自分の意思で行えること、もうひとつはそうで無いもの。

クラシックメソッドで重要視するのは、自分の意識で行えない無意識的な神経機能を正しく引き出すことになります。人間の活動のそのほとんどは、自律的な調節によって細かくコントロールされています。循環、呼吸、消化、体温調節など。姿勢の調節においても、そのほとんどが無意識的に働いています。

筋力をコントロールする際にも大きく関わっており、神経からの命令の強さ、頻度により筋力が強くなったり、弱くなったりします。実は、緊張型頭痛の原因である不良姿勢はインナーマッスルの筋力低下の影響を強く受けています。その筋力低下を引き起こす原因こそ、神経の機能低下なのです。

神経への余計なストレスを取り除き、生理的な働きを取り戻します。神経と筋肉を促通(神経が伝達しやすくなる)させることで筋肉の活動を正常化し姿勢も改善します。

クラシックメソッドにおける神経へのアプローチ

触診やテストをすることで負担のかかっている場所を見つけ出す

手技やラジオ波などを用いいてリリースを行う

頭蓋調整と合わせて神経バランスを統合する

3.体幹

体幹は、手足を除いた胴体のことを言います。人間の活動は体幹からすべてが始まります。手足が自由に動かせるのは、体幹が安定して運動の支点となるからです。

すべての運動は体幹を中心に始まる以上、体幹機能は超重要です。頭の重さは成人でおよそ体重の10%強あります。およそ55kg体重の方で5.5kgです。その重さを首だけで支えるのには無理があります。

緊張型頭痛になる方の大半が、体幹機能の低下によって首や肩に大きな負担を強いられている方ばかりです。ストレートネック、猫背、スマホ首などは肩甲骨の周りの筋力が低下することと合わせてお腹にかかる圧力。いわゆる「腹圧」が低下していることも考えられます。

テストをすることで体幹機能をチェックし、正常に機能するように調整していきます。その場で姿勢が変わり、明らかに力が入りやすくなります。


クラシックメソッドにおける体幹へのアプローチ

体幹機能がしっかり働いているかテストして確認していきます

体幹機能の要である肩甲骨、骨盤へのインナーマッスルのトレーニングを行う

神経機能と筋力を連動させ、しっかりと機能を安定させる

4.筋力

筋力に対するアプローチは、クレニオセラピーと合わせてクラシックメソッドの要です。なぜなら、慢性頭痛、偏頭痛の方のほとんどが緊張型頭痛の影響を受けているからです。

緊張型頭痛の原因である不良姿勢、その本体はインナーマッスルの筋力低下です。そして頭痛とは一見関係ないように見えますが、首や肩甲骨まわりだけでなく、骨盤から足にかけて人間の土台を支える部分も重要になってきます。

人間は頭の位置を水平に保つため、常にバランスを取っています。足腰など土台の部分に傾きが大きいと、首や肩まわりでその傾きを補おうとしますので、常に負担がかかり続けてしまいます。

そのため、神経機能を正常化するためには足や骨盤、肩甲骨といった体の軸となる関節を支える筋力を上げる必要があります。最終的には、頭痛だけでなくその他の症状まで一気に解決できるのがクラシックメソッドの強みでもあります!


クラシックメソッドにおける筋力へのアプローチ

姿勢や歩行パターンを確認し、筋肉の使われ方のバランスを確認します

関節周辺のインナーマッスルを強化し、硬くなっている部分はリリースを行う

すべてのエクササイズをセルフで行えるようになるまでサポートします

5.習慣

施術を行なっていくにあたって、写真などを撮影しながら進めていきますが、患者さん自身のイメージと写真や鏡に写った実態がズレていることに気づいておらず、初めて知るということがよくあります。姿勢や歩行のパターンに気づいていないこともしばしばです。例えば、自分ではまっすぐ立っているつもりでも頭が傾いていたり、足踏みをすると左右に体が大きく揺れたり。

こと頭痛に直結する癖として、TCH(Tooth Contacting Habit)上下歯列接触癖というものがあります。通常は、上下の歯は接触していないのが正常なのですが、常に上下の歯が接触してしまう癖です。通常、下顎というのは上顎に対してぶら下がっている状態で使う時だけ引き上げる仕組みになっています。強く噛み締めていなくても、顎を引き上げることを続けているだけで咀嚼筋は蓄積疲労により硬くなってきます。

咀嚼筋は頭蓋骨の一部に付着するため、頭蓋骨の動きを固定してしまいます。頭蓋骨は脳硬膜とつながっているため、動きが悪くなると脳脊髄液の循環を邪魔し神経に対して大きな負担になってしまします。

慢性頭痛の方に見られる癖でもあるため、必ずチェックし異常があればしっかりと治していきます。この癖がなくなるだけでも、症状が激減する方もかなりいらっしゃいます。


クラシックメソッドにおける習慣へのアプローチ

カウンセリングの中で繰り返し行なっている要素を見つける

触診や検査の中でご本人ですら気付いていない癖を見つける

行動を変えるためにアドバイスを行い、段階的に習慣行動を抑えていく

6.食べ物

食事を制限するなどの提案をすることはしませんが、カフェイン類やアルコールの摂取についてはしっかりとお話をしていきます。慢性頭痛の方に多い問題のひとつとして、「脱水」傾向にあることが多いのです。

コーヒーやお茶類に含まれるカフェインには腎臓に対する作用として利尿作用があります。水分としてコーヒーやお茶を飲んでいるから大丈夫と思われている方の中に、知らず知らず尿量が増え体内の水分量が低下していることがあります。体内の6%ほどが失われると、血液濃度が高くなり、流れを良くするために血管が拡張し神経を刺激することで頭痛起こすとがあります。それはアルコールでも同様です。

カフェインには脳に対する作用もあり、脳を興奮させることで眠気と疲労感を感じにくくなります。カフェインの半減期(体内で半分になるまで)は5時間ほどになります。神経を休めるために重要な睡眠を妨げることもあるため、14時以降の摂取は注意が必要です。

こまめな水分の摂取が、慢性頭痛を改善するためのきっかけになります。そのため治療の前後、最中でも水分は自由に摂取いただいております。


クラシックメソッドにおける食べ物へのアプローチ

カウンセリングや体表面にあらわれている変化から食生活の問題点を見つける

嗜好品など偏りがないか、摂取の時間などもヒアリングを行う

体に負担のかかりづらいポイントを知っていただき生活にとりいれていただく

7.運動

全身の血行を改善するに、10分程度歩くだけでも効果的です。インナーマッスルを主体としたトレーニングを行なっていきますが、そこで足りなくなるのが心肺機能の強化です。慢性頭痛の方には運動習慣がない方も多く、全身の血行が滞りがちです。

疲労感や筋肉のコリを回復させるには、新鮮な血液を供給する必要があります。軽いウォーキングでも血行を巡らせ、酸素を全身に行き渡らせるには十分です。

足の筋肉には、ポンプのような役目があり重力で下がり滞った血液を、筋肉の収縮を使って心臓に向かって送り返してくれます。偏頭痛発作が起きている時には、血流が良くなると症状が悪化するため難しいですが、発作が起きていない時ならば積極的に行うことで頭痛を起こすこと自体を減らしてくれます。


クラシックメソッドにおける運動へのアプローチ

運動を安全に行うための基礎的なトレーニングを行う

生活の中で気軽に運動を行える環境のご提案を行う

姿勢、筋力からその状況で行える適切な方法をご提案する

8.睡眠

睡眠の質を上げることは、慢性頭痛を改善するためにはとても重要です。慢性頭痛の方の中には、不眠の方も多くいらっしゃいます。寝付きが良くない、途中で目が覚めてしまう、早く目が覚めてしまう、時間は経っているが寝た気がしない、または寝過ぎてしまうなど。

睡眠の過不足は神経やホルモンの作用を狂わせ、頭痛に繋がるこがあります。不眠の原因は多岐にわたり、特定の要素だけではないことが多いですが、繰り返しカウンセリングを行なっていくことである程度対処することができます。

また、眠気を抑えるためにカフェインなどを摂取することで、悪循環に陥ることもありますので、食事や飲料の摂取方法なども合わせて確認していくことも重要です。


クラシックメソッドにおける睡眠へのアプローチ

睡眠を妨げる障壁になっているものがないかを見つける

ストレス管理が重要になるため、その方法として有効なものをご提案する

神経の緊張を解き、質の高い睡眠が行えるようサポートする

クラシックメソッドの効果

即効性があり、持続性があること、積み重ねることで確実に体が改善します。バイオメカニクスに基づき、身体機能を基礎的な部分から安定させるため、今までにない体の変化を感じることができます。

その場で頭痛や眼精疲労が軽くなる

セッション中、セッション終了時には体全体、頭がスッキリ軽くなり、顔のむくみも取れ、目がぱっちりと開くようになります。神経の緊張をとり、体をコアから機能させているため今までにない爽快感を感じることもできます。

その場で体幹が安定し、姿勢が変わる

クラシックメソッドによる神経筋促通効果により、筋力・柔軟性・バランス感覚がその場で整います。姿勢を安定させる上で重要なのは、インナーマッスルが無意識下で機能していることです。インナーマッスルに特化したトレーニングを行うことで、姿勢は数分で変化します。

首肩のコリだけでなく腰痛や膝痛も改善する

クラシックメソッドにより、土台から全身の関節を安定させることで、頭痛、首肩のコリだけでなく腰痛、膝痛も改善します。重要な関節に特化したトレーニングにより、体の中で働くインナーマッスルが均等な割合で働くことにより、常に負担のかかっていたアウターマッスルの緊張が解けます。それにより、ほとんどの筋肉痛、関節痛も同時に改善していきます。

自分で治せる方法が分かる

クラシックメソッドの目指すところは、最終的に「自分で治せる状態にすること」です。偏頭痛発作の前段階であることが多い緊張型頭痛を抑えることで、偏頭痛はかなりの割合で減ってきます。トレーニングは全て一人で行える方法で、フォーム、力のかけかた、力のかかるポイント、よくある間違いなどを修正しながらしっかりと身につけていただくことで、完全なセルフメンテナンスをができるようになります。

痛みのメカニズムが分かり不安がなくなる

あなた体にとって、どのようなメカニズムによって頭痛に至るのかを読み解いていきます。頭痛発作は、様々な要素が複雑に組み合わさっています。教科書的な原因療法ではなく、クラシックメソッドの8つの観点から一つずつ対策を行なっていくことで影響の大きいもの、小さいものが解っていきます。治療は影響の大きいものから小さいものへがセオリーです。早い段階症状は減り、安心して治療を進められます。

 

稲城長沼はせ川接骨院・整体院の特徴

稲城長沼はせ川接骨院・整体院は、長引く痛み、慢性症状に対して、クラシックメソッドを中心に専門的な手技療法を提供する治療院です。症状だけに捉われず、バイオメカニクスの観点から様々な症状に対して適切な方法を提供します。

>当院の詳しい紹介はコチラ

①カウンセリング

施術を行なっていく上で、様々な要素を考慮しなければなりません。そのために必要なことをお聞きしていきます。現在の状態、今までの経緯、病院へ通院されていた場合は、診断や治療状況。整骨院や整体に行かれている場合はそちらでの施術内容についても詳細にお聞きします。継続治療の中で毎回カウンセリングの時間は設けておりますが、初回時には時間を取ってしっかりと行います。

②評価

実際にお身体を拝見します。症状にもよりますが通常、姿勢や歩行、運動パターンから見ていきます。これらは身体評価の基本です。一般的に痛みや症状が出ている場所にばかり目がいってしまいがちですが、多くの場合、本当の原因は別の場所にあります。姿勢や歩行、運動パターンには多くの情報が含まれており、これらを適切に見極めることで効果的な治療を行うことが出来るようになります。

③治療

今後の治療プロセスを検討するため、もっとも影響が強いであろう要素を絞り、治療を行います。症状の変化を見極め、治療の優先度や順序を決めるための重要なプロセスとなります。その場で痛みなどは軽快しますが、初回においてはあくまで治療方針を決めるためのテスト治療となります。その場での変化はあくまで一時的です。継続的に症状をコントロールするためには、ご自身の体についてしっかりと理解していただく必要があります。

④ご説明・ご提案

現在の状態や今後の治療の流れについて、初回で把握できた内容をもとにご説明、ご提案致します。その後、患者さまがお帰りになった後に必ずカルテや撮影させて頂いた映像、画像などがあれば再度確認しております。施術中に気づけなかった点や、他の問題なども考慮し再検討します。ご相談やご不明点などの補足説明は随時LINEやメールなどで承っております。必ずご返信を行なっておりますので、ぜひお気軽にお声かけください。

 

メニュー

症状を抑える治療と合わせて、原因となっている影響の大きい要素から小さい要素へと段階的に治療を進めます。

長い時間をかけて慢性化した痛みや症状を改善し、完全にコントロール、安定した状態にするためには、段階に応じた治療、トレーニング、ご自身で行うセルフケアやセルフトレーニングまでの流れを一定期間取り組む必要があります。痛みは早い段階で寛解しますが、根本的な原因をコントロール出来るようになるところまでが一連の治療となります。

1セッションは50分程度8回ワンクールが目安となります。

8回券 50,000円
24回券 144,000円

 

※上記は税込価格です。

※都度払いは¥8,500となります。

※8回券のみクレジットカードが利用できます。


まずは体験セッション¥1,980(12/31までの期間限定)をお受けいただき、その変化を体感してください。

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

LINEで予約・お問い合わせ

友だち追加

お友達登録の上ご利用ください。

メッセージの送受信が確実に行えるため、LINEのご利用をお勧めしております。

メールでお問い合わせ


ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯キャリアのメールアドレスは迷惑メールフィルターがかかっているかかっていることが多く、通常こちらから返信を行なってもエラーで戻ってきてしまうため返信が行えません。Googleのgmailなどのフリーメールをご入力頂くか、お手持ちの携帯電話のメール設定で以下のアドレスを受信できるよう設定をお願い致します。reserve@inagi-sekkotsu.com

 

Top