施術中は集中力が切らせないため電話応対が出来ません。お問い合わせはLINE、Twitterがオススメです。【ここをタップでLINE登録】

不眠症整体は、薬以外の選択肢になります

頭蓋骨矯正を中心としたコアコンディショニングは、心身のリラクセーションが得られ睡眠の質が向上します。

睡眠の質を取り戻すには、薬以外のことも大切です

不眠症整体の最大の目的は、睡眠の質を上げることによって慢性的な疲労を取り、日中のパフォーマンスを向上させることです。仕事、家事、育児、勉強、スポーツ、趣味など何をするにも睡眠がしっかり取れていないと、疲労で集中力や意欲が出ません。

不眠症の治療方法は世の中にたくさんあります。薬による治療の他にも、認知行動療法などの心理療法、鍼灸、マッサージ、カイロプラクティック、オステオパシー、各種整体。

いずれにしても不眠症の改善には心身のリラックスは重要なことであると考えています。そのために神経機能をコントロールすることはアプローチの中心に据えています。不眠症整体の目的は「眠ること」も大切に考えていますが重要なのは「前日までの疲労を完全に取ること」です。

不眠症で悩まれている患者さまは「寝れなければダメだ」と考えがちですが、寝つきが悪くても、途中で起きてしまっても、起きるのが早くても、薬を使って寝ても、朝の目覚めがスッキリとしていて日中に強い眠気がなければ、そこまで不安に考えることはありません。

ただ、本来は生理現象で眠気を感じ自然に眠ることができていたはずです。それが何らかの障壁によって睡眠が妨げられているので、その障壁を見つけアプローチしていくことで不眠症は解消していきます。

睡眠の障壁になる要素は様々です。施術では自律神経のリラクセーションを行いますが、カウンセリングや運動なども積極的に行います。考え方、生活パターンや習慣、食事や嗜好品、運動。患者さまにとって何が障壁になっているのか、優先順位をつけて一つずつ解決していくことが大切です。

不眠症状に対する即効性と持続性があれば信じて治療を続けられます。積み重ねることで着実に体が改善へ進めば精神は安定し、不眠症の天敵であるストレスから遠ざけてくれます。「様子をみましょう」とは考えません。なるべく早く結果を感じられること自体が最も重要なことだと考えています。

>腰痛や関節痛、筋肉の痛みでお悩みの方はこちらへ

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 睡眠導入剤がないと眠れない
  • 偏頭痛を繰り返していて、処方薬を飲んでても良くならない
  • 顔のむくみが取れない、肌色が良くない
  • 慢性的な不眠症、いつもスッキリしない
  • 朝起きた時から頭が重く、一日中スッキリしない
  • 慢性的な疲労感、体が重く気力が出ない
  • 頭がスッキリしない、ボーッとしてしまう
  • 慢性的な目の疲れで集中できない
  • 首肩のコリだけでなく背中もガチガチ
  • 慢性的な疲労と睡眠不足で、いつもモヤモヤしている
  • 頭痛外来に行って、薬を飲んでいても良くならない

これらの原因は、常に多くのストレスに耐えている神経系への蓄積疲労が原因かもしれません。

特に睡眠をコントロールするのは主に自律神経の中枢である視床下部です。

視床下部は交感神経と副交感神経の調節だけでなくホルモン分泌も調節しています。ストレスによって攻撃されつづけてもバランスを維持し続けられるのは、自律的に機能している神経系が重要な役割を果たしているからです。

ストレスによって自律神経の中枢である視床下部は刺激されつづけ、疲労しています。 

睡眠の他にも、摂食、生殖などと言った本能行動の中枢です。それだけでなく、姿勢を維持するのも筋肉を動かすのも、内臓を動かすのも、思考を巡らすのもすべて神経を介して行われています。人間が活動する上で、ストレスは必ず生じていて常にその攻撃から体を守り調節しています。

自律神経の中枢への蓄積疲労によって神経機能がバランスを崩してしまうと、睡眠や内臓の働きだけでなく、脳の働き、血の巡り、ホルモン、筋緊張、倦怠感が合わさり全身症状を伴う症状を引き起こす原因になります。

不眠症整体の稲城長沼はせ川接骨院・整体院では、バイオメカニクスに基づく整体で、頭蓋骨から体幹機能を調整することで、多くの悩みを解決することができます。

不眠による疲労、溜まっていませんか?

睡眠は、寝ている間に脳や神経を休ませ、体の修復を行うための重要な時間です。よく人生の1/3は睡眠で過ごすと言われるように人間は多くの時間を睡眠に費やしています。不眠による睡眠障害は、脳や体の修復の時間が十分に得られないことによって様々な不調きたすとても厄介なものです。

  • 毎日寝つきが悪い
  • 常に眠りが浅い
  • 睡眠薬が手放せない
  • 夜中に目が覚めてしまう
  • 頭が重く、ボーッとしてしまう
  • 朝はいつもスッキリしない
  • 昼間の眠気、イライラする
  • うつ症状、気分の落ち込み

不眠による睡眠障害は、このように色々な症状を引き起こします。生活の質だけでなく、睡眠不足が蓄積することによってさまざまな病気にに繋がることも分かってきています。

睡眠は、目から入る光などの感覚情報が神経を介して体内時計が働き、ホルモンの分泌による生理作用と、人体に組み込まれた修復プログラムによって促される生理作用です。1日の中でリズムが正常に働いていれば、スムースに眠気に誘われるはずですが、現代の生活における習慣、ストレス、食生活や運動習慣の乱れが睡眠の乱れにも繋がってきます。

自律神経の緊張を解放し、睡眠リズムを取り戻す

頭蓋骨矯正は、脳硬膜の緊張を解放することで自律神経の中枢にかかっている負担を軽減させ、神経機能をスムースに働かせることによって人体の生理作用を正常に機能させるための技術です。

その場で変化が分かるくらいに即効性が高く、薬と違って目立った副反応もリスクもありません。頭蓋骨矯正の1回のセッションは20〜30分ですが、ほとんどの方がセッションを開始して数分で寝息をたて、気づいた時にはセッションは終わっています。体を起こせば、施術前と後の違いがハッキリと体感できます。

睡眠は、もともと人体に組み込まれたプログラムによって行われてる生理反応です。そのリズムを狂わせている神経機能を正常化してあげるだけでも、比較的スムースに不眠症状は解消に向かいます。

患者さまの声

一番根が深かった慢性疲労も目覚めが良くなり頭がスッキリするなど改善

橋本勇介
人当たりも良く、確かな知識と技術を持った信頼の出来る接骨院です。第一印象は、「良い意味で接骨院の枠を超えている」でした。症状にもよるとは思いますが、通常の姿勢、歩行姿勢、体幹と言ったところまで確認し、原因と思われる箇所をビジュアル化してわかりやすく説明して下さる段階で知見の多さがわかります。私は10年以上身体の調子が優れず、頭痛や肩凝り、寝ても疲れが取れない慢性疲労に悩まされ、頭痛外来、鍼灸院、接骨院と色々なアプローチから改善を図っておりましたが、根本治療には至らずでした。こちらの接骨院は通うごとに改善が見られ、一番根が深かった慢性疲労も目覚めが良くなり頭がスッキリするなど改善が見られました。先生曰く、まだ道半ばとの事で更なる改善を楽しみに暫く通わせて頂こうと思います。他に、捻挫などの良くある症状へも最適なサポーターを提案してわざわざ発注して下さったりと最善を尽くして下さいました。特に、薬や手術で治らない身体の不調で悩まれている方は是非一度相談してみて下さい。お勧めです!!

頭痛や不眠症の悩み。うとうとして眠ってしまうほど。目元も頭もスッキリ

mamoru hosa
仕事柄デスクワークもあり、肩や背中の痛み、頭痛や不眠症で悩んでいました。 カウンセリングと動作チェックで調子の悪い原因を突き止めた上で、改善のためのトレーニング指導と施術で、すぐに効果の違いを体験できました。 頭痛と不眠症に関しては、頭蓋骨矯正と聞き、痛身が伴うのかと思いましたが、全く痛みもなく、ただ頭を触られているだけでしたが、うとう眠ってしまうほどでした。 あっという間に終わり、目元も頭もすっきりしました。 不眠の方も自律神経の乱れかなぁって自分で判断せず、プロの方に相談に乗ってもらい、納得して施術を受けるべきだと思います^_^

姿勢、頭痛、肩こりも説明通り明らかに変化が出るのでかなり納得します

m yoko
なかなか治らなかった頭痛がなくなりました!頭痛持ちで普段は薬に頼っていましたが、いつもよりひどく、仕事にも集中できなく困っていたので他の方法を試してみようと通い始めました。最初はまさかこんなところに原因があったとは…と目から鱗でしたが、姿勢、頭痛、肩こりも説明通り明らかに変化が出るのでかなり納得します。特にその場で変化するのにはみんな驚くと思います。整体のイメージが変わりました。なかなか治らない痛みがある人は一度身体をみてもらうと良いと思います。

頭全体が軽くなったような感じがあり、思考もすっきりしました

tomo N
頭が締め付けられたり、たたかれるような頭痛と肩こりで悩んでいました。体の動きや姿勢をチェックしたあと、考えられる原因を説明してくださいました。先生と一緒に簡単なトレーニングをしたり、肩や頭の治療をしていただいたところ、肩こりも頭痛も軽くなくなりました。不思議でした。特に頭全体が軽くなったような感じがあり、思考もすっきりしました。ぜひ、またよろしくお願いいたします。

治療を受けた日はしっかりと眠れ、説明通りに自分の体が変わっていくのが分かる

i arakawa
慢性的な頭痛や不眠。疲労感や背中の張り感がずーっと取れずに悩んでいたところ、ホームページを見て来院してからその後もお世話になっています。頭蓋骨矯正はその場で頭の緊張がとけていくので毎回不思議な感覚です。頭痛もスッと楽になります。体全体に血流が流れ緊張も解きほぐれる感じです。受けた日はしっかりと眠れますし、説明通りに自分の体が変わっていく感じが分かるので納得して治療を受けられています。本当に助かってます。

なぜ神経機能が重要なのか?

頭蓋骨が何らかの影響で動きがなくなりリズムが乱れると、脳脊髄液の流れが滞り、神経系の負担が増すことで様々な症状を引き起こします。

私たちが生きていくには、神経系の役割は絶大なものです。何も意識しなくても体温、呼吸、心拍、血圧、内臓機能、姿勢などの調節は自律的に行われています。それは絶えず神経系が働いているからです。

各器官に指令を伝える神経の一部が疲労したり働くなくなれば、筋力の低下、血流量の低下、体温の低下など全身の機能が低下すことになります。慢性頭痛を改善するためには、全身の司令塔である神経機能の正常化が欠かすことができない重要な要素です。

「睡眠薬を飲んでいれば寝れるので、飲み続けている」

「頭痛外来で処方される薬を飲み続けている。」

「根本治療がキャッチコピーの整体や整骨院でマッサージや矯正などを受けている。」

それでも一時的には症状は良くなるけど、すぐに戻ってしまい治りきらない。それは、その場で症状を抑えるための対症療法に過ぎないからです。

【根本治療=症状が出ないようにすること】

だとすると、安定的に症状をコントロールするために必要なのは、体が自律的に正常な状態に保つコントロールする能力です。そのために必要なのは、神経系へのケアです。

筋肉のコリや痛み、呼吸、姿勢など全てに神経が関わっています、神経が正常化すれば全てが変わります。司令塔から正しい情報が伝わるようになると、その場で症状は変化し、軽くなります。

寝ているのにスッキリしない

不眠症とは、睡眠不足とは違い「十分に眠る時間を確保はできているが、熟睡感が無く十分な睡眠が取れていない状態のこと」を指します。一方睡眠不足は、「十分に眠る時間がないことによって睡眠時間が不足すること」を指します。

不眠症にも様々な分類がありますが、一般的に陥るのは「適応障害性不眠症」というものです。不安や悩み、気になることや精神的なショックなどストレスを感じている時に起こりやすく、誰でも一度や二度は経験があるような不眠症状です。

この不眠症はほとんどが一過性で、長く続くようなことはありません。ストレスの原因がなくなればまたいつものように眠れるようになります。

長引く不眠

眠れないことのへの不安や恐怖がトラウマとして残ってしまうことで不眠が長引いてしまうこともあります。このような不眠を「精神生理性不眠症」と言います。

眠る時間が近づくにしたがって眠ることへの不安が募り、今日は寝れるかどうかばかり考えて、リラックスして過ごせなくなってしまいます。結果として、質の良い睡眠ができなくなってしまうことで更なる不安を呼び悪循環に陥ってしまいます。

不眠症の原因は主に3つ

入眠障害、熟眠障害、早期覚醒の3つです。入眠障害は寝付きの悪さを指します。熟眠障害は眠りが浅く、途中何度も起きてしまうこと。早期覚醒は目覚めが早いこと。最近では、入眠障害と睡眠維持障害の二つに大別するように変わってきています。

入眠障害「寝つきが悪い」

原因

  • 心配事や悩みで考え事がある
  • 眠れないことに対する不安
  • 眠くなる前からベッドで過ごしている
  • お酒やタバコ、刺激の強い食べものを取っている
  • ベッドに入る前に興奮する映画やドラマ、ゲームをしている
  • 日中から横になったりして過ごしている

ベッドに入る直前まで活動的に過ごしていれば、いざ眠ろうとしても脳が眠るための準備が整っていないためすぐに寝付くことはできません。心配事や不安などがあっても目を閉じても頭の中で考え事をしてしまうため、脳がリラックスできず入眠の妨げになります。日中の活動が不十分でも眠気を感じづらくなる原因になります。

熟眠障害「途中で起きてしまう」

原因

  • トイレが近い
  • 睡眠時に発症する病気がある
  • 寝具が合っていない
  • 日中からベッドで過ごしている
  • 日中にあまり動いていない
  • 電気やテレビが点けっぱなし

寝る直前にアルコールやお茶、コーヒーなどのカフェインの入った飲料を取っていれば利尿作用があるためトイレが近くなります。睡眠は浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返すため、浅い眠りの時は少しの刺激で起きてしまうこともあります。当然、音や光、寝具の不具合があれば寝心地が悪く目を覚ましやすくなってしまいます。

早期覚醒「寝起きが悪い」

原因

  • 睡眠時間が短い
  • 睡眠時間は取っていても熟睡できていない
  • 体内時計が狂っている
  • 体がまだ目覚める準備ができていない
  • うつ病などの病気による影響
  • 睡眠導入剤の薬効が残っている

レム睡眠とノンレム睡眠というのを聞いたことがあるかもしれませんが、睡眠には周期性があります。目覚めに適しているのは比較的眠りの浅いレム睡眠です。一方ノンレム睡眠時は脳が休眠状態にあるため、そのタイミングで起きてしまうと目が覚めても非常に目覚めの悪い状態となるでしょう。

うつ病の気分障害も朝に起きやすく寝覚めの悪い疾患です。合わせて睡眠導入剤の薬効が残っていれば薬の作用で覚醒しづらい状況ですのでスッキリ目覚められない原因となります。

睡眠の基本的なメカニズム

睡眠は環境や習慣、ストレス、体質など影響が人それぞれに差があるため非常に個人差が大きい生理現象です。それでも私たち人間が活動するにおいて基本的なメカニズムとして備わっています。

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠のレムとは「Rapid Eye Movement」とのことで、その頭文字を取ってREM(レム)と呼ばれています。和訳すると「急速眼球運動」となります。私たちの脳は、眠気が強い時には一定方向へ眼球を固定することができなくなるため目がゆっくりと動いてしまい、焦点が合わなくなったりしてしまいます。

レム睡眠は体は休んでいるのに、脳は活動している状態です。眼球運動以外の活動は見られず、全身の筋肉は弛緩している状態です。夢を見るのはレム睡眠時に見ることが多いようです。

ノンレム睡眠は、脳が休息状態にあるのが特徴です。ノンレム睡眠には3つの相があり、浅いノンレム睡眠、中間相のノンレム睡眠、深いノンレム睡眠の3つです。一番深いノンレム睡眠の時期では、小さな物音などで目を覚ますことはなく、ホルモンの分泌などもこの時期が多くなります。

レム睡眠とノンレム睡眠は60分〜120分周期で交互に出現していて、睡眠の前半にはノンレム睡眠が多く、明け方に向かうにしたがってレム睡眠が多く現れるようになります。

ヒトの一晩の睡眠の特徴は、早い段階で深いノンレム睡眠(深い睡眠)が現れ、その後、覚醒〜レム睡眠〜ノンレム睡眠のサイクルを3回から5回繰り返します。それぞれの周期に応じ、ホルモンの分泌など生理的な働きが起こっています。

睡眠の役割は主に5つ

脳の休息

人間が日々生活する中では、脳の高次脳機能が重要な役割を果たしています。認知、知覚、記憶、学習、思考、判断などを常に行い、感情を含めた精神機能によっても休むことなく使われるため、脳は疲労していきます。睡眠は、その疲労した脳を回復させるための重要な時間になります。

体の休息

まず、体を動かさずにじっとしていることで、エネルギーの消費が抑えられます。日中の活動中の肉体や内臓の疲労を回復させるために、成長ホルモンなどが分泌されることによってアミノ酸からタンパク質が合成され組織の修復なども行われています。

精神の安定

人は毎日何らかのストレスにさらされながら生活をしています。そのため、常に体の中ではストレスから身を守るために、ホルモンや神経によって様々な反応を起こしてます。免疫を低下させ様々な不具合を引き起こすストレスの蓄積を抑えるためには睡眠が重要な役目を果たしています。

記憶の定着

記憶のプロセスにおいて、睡眠が重要な役割を果たすのは、覚えたことを長期記憶するための固定化というプロセスです。それには過去の様々な情報と統合したり、いらない情報の消去などが含まれ、その過程を経て必要な時に思い出せるようになります。そのプロセスをエンコーディングと言います。

ホルモンの分泌

夜間に分泌されるホルモンは多くありますが、その代表が成長ホルモンです。その他にも、母乳の分泌を促進するプロラクチン。時間帯によって分泌されるコルチゾールは起床し活動するための準備として血圧、血糖値を上昇させます。様々なホルモンが寝ているときにも分泌されていることで、体の疲労回復がスムースに行われています

不眠とうつ病

不眠がある人はうつ病になりやすく。うつ病の症状に不眠がある。

うつ病患者さんの90%以上が睡眠障害を訴えるほど、不眠とうつ病は密接に関係しています。眠れない、寝た気がしない、常に頭がスッキリしない。その中でも多いのが、目が覚めるのは早いが起きる気力がわかないというもの。

うつ病の朝の辛さは、副腎から分泌されるコルチゾール、別名ストレスホルモンが関与しています。コルチゾールは、本来であれば睡眠のリズムとは関係なく明け方に分泌され、起きるために必要な血糖値や血圧の上昇を行うホルモンです。

それと同時に、ストレスに対応するための抗ストレスホルモンでもあります。うつ病患者さんは、日頃から強いストレスがかかり続けた結果、コルチゾールの分泌過多になり副腎が疲労していると考えられています。最近では「副腎疲労」(アドレナルファテーグ)とう名称も知られるようになってきています。

うつ病患者さんは、今まで普通に出来ていたことができなくなる。そう言ったことから自己嫌悪になってしまいことが多く、ネガティブな感情がより強くなりさらにストレスを溜め込みやすくなってしまう傾向があります。

うつ病を改善させるためには、絶対的に睡眠の質を上げる必要があります。それには、コルチゾールが正常に働ける環境にすつためにストレス管理がとても重要です。もちろん、抗不安薬にはストレスを抑制する効果はありますが、それに頼りきらずに生活を見直すにも目を向けていくことが大切です。

うつ病は薬を使わなくても治ります。私がそうでしたから。

>症状別解説「-鬱- うつ」

高齢者の不眠

不眠は高齢になるにつれて増加する傾向にあり、不眠症患者さんの30%が60歳以上の方であるというデータも出ています。

高齢者の不眠の中では寝つきの悪さよりも、中途覚醒(起きてしまう)事の方が多く、その原因は睡眠中の不快感というのが挙げられます。身体的なもの精神的なものも含めて様々です。

高齢者の中途覚醒の原因

  • 夜間頻尿
  • 肌のかゆみ
  • 痛みや痺れ
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • ムズムズ足症候群
  • 周期性四肢運動障害

このような原因以外にも、

  • 体力の低下に伴う、日中の活動の低下。
  • ベッドで過ごす時間が長くなる。
  • 持病の治療で服用している薬の作用など。
  • 退職、核家族化、死別など社会との関わりが減ることによるストレス。

これらのような原因が複雑に組み合わさることによって、高齢の方が不眠に悩むことが増えるようになると考えられます。実は、ある調査では最も睡眠時間が短いのは40代の女性だったそうです。その調査によると最も睡眠時間が長いのは70代以上の男性という結果でした。

ただ、この結果はベッドの中で過ごしている時間をもとに出された結果であって、実際の脳波に基づいた測定ではありません。他の調査では50歳を超えると入眠までに時間がかかるようになり、中途覚醒も多くなるようで、総合的に考えると高齢者はベッドにいる時間は長くても実際の睡眠の質は加齢に伴って低下してくと考えられています。

高齢者の不眠が全年代に占める割合が多いのは、加齢に伴う睡眠の性質が変化することを病気と捉えてしまうことによって、見かけ上で多くなっているのかもしれません

睡眠薬は安全?

睡眠を促進する合成薬が出来たのは、今からおよそ117年前である1903年。バルビツール酸で合成された「バルビツール」という薬です。その後、1912年に「フェノバルビタール」が使われるようになり効果が認められたそうです。

その後にも後発のバルビツール酸系の薬が市販されていきました。ただ、バルビツール酸系の薬剤には欠点があり、依存性があり、治療に用いる量と致死量の幅が狭いことでした。

バルビツール酸は、脳の神経細胞の塩素イオンチャンネルに作用することで細胞の活動を抑制することで眠気を誘います。ただ、多量に服用すると呼吸が抑制されることもあり危険な面もありました。

その後、現在も用いられるバルビツール酸の問題点を克服した「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」が登場しました。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、体内にもともとあるGABAというアミノ酸に作用することで自然な睡眠を誘発するための薬です。

バルビツール酸系に比べて依存性が少なく、安全性の高い薬と言われています。それでも筋弛緩作用などがあり、脱力や転倒を起こしやすいため高齢の方には「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」が用いられるそうです。

睡眠薬の種類

睡眠薬に限りませんが、薬剤は30分から1時間程度で血中の薬物濃度が最大になり、代謝されての濃度は低下していきます。その作用時間を表す指標として血中半減期(血中濃度が半分になる時間)があります。

睡眠薬は、血中半減期によって超短時間作用型から長時間作用型に分けることができ、入眠障害だけであれば超短時間作用型を用いたり、熟眠障害や中途覚醒などでは中/長時間作用型を用いるそうです。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、筋弛緩作用や抗不安作用が少ないため重度の不眠症でなければまずはこのタイプから用いることも出来るようです。


ベンゾジアゼピン系睡眠薬、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬には作用タイプが分かれている。

【超短時間作用型】
ハルシオン®︎、(※マイスリー®︎錠、アモバン®︎錠、ルネスタ®︎錠)
【短時間作用型】
レンドルミン®︎、エバミール®︎錠、ロラメット®︎錠
【中間時間作用型】
サイレース®︎錠、ロヒプノール®︎錠、ユーロジン®︎錠、ネルボン®︎錠、ベンザリン®︎錠
【長時間作用型】
ドラール®︎錠

※非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

この他にも、メラトニン受容体作動薬、抗精神薬、鎮静系抗うつ薬、抗不安薬など様々な薬があり、病気、症状や病態などにもよって併用することもあるようです。現在用いられている睡眠薬は、お酒などよりも良い効果が得られほとんどが安全なものです。

ただ、不眠症治療は薬だけに頼って進めることは推奨されていません。他の方法と合わせて進めていくことで、着実に改善に向かっていくと考えらています。

睡眠薬の副作用(ベンゾジアゼピン系睡眠薬)

持ち越し効果

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は翌朝以降にも薬の効果が残ることがある。作業能力の低下だけでなく、高齢者などではふらつによる転倒などが起きやすくなります。自動車や自転車の運転。機械の操作などを日常的に行なっている場合は特に注意が必要となる。状況によっては薬効が短いものに変更したり、減薬が必要になる場合もある。


睡眠薬の持ち越し効果

  • 眠気
  • ふらつき
  • 頭痛・頭重感
  • 倦怠感
  • 脱力感

健忘

薬効が続いている時間の記憶が部分的に思い出せないなどといったことが起こる。薬を服用してから寝付くまでの間、中途覚醒した際の記憶、持ち越し効果により朝起きてからも薬効が残っている場合には、その間の記憶の一部が思い出せないといったことがあります。

本来睡眠薬とアルコールの飲み合わせは禁忌ですが、薬効のあるタイミングでアルコールを飲んだ場合に起こることが多い。睡眠薬の量を守ると共に、服用後は速やかに床につくことが求められる。

奇異反応

極めて稀だそうですが、本来目的とする反応と反対の作用が現れることがある。脳の病気があったり認知症がある場合に多く、意識障害を伴って攻撃的になったり、動揺や錯乱などが起こることがあるため犯罪行動と結びついてしまう可能性もゼロでは無いため、医師の指導をしっかりと守って服用することが求められる。

反跳現象・リバウンド現象

薬の中止や中断。服用量が減った場合などに起こり、投薬を開始する前以上に一時的に強く症状が現れてしまうことがあります。作用時間の短い睡眠薬を多量に服用していた場合などに起こりやすく、不眠や不安が強く出現したり、頭痛、いらいらや焦燥感など様々な症状が現れるため注意が必要となる。薬の服用に関しては、医師としっかりと話し合う必要があります。

筋弛緩作用

特に高齢者では影響が大きく出やすいため、服用後にトイレなどに起きた際に力が入りにくく、ふらつきによる転倒で骨折などの大きな怪我につながることが懸念される。

この点が改良された筋弛緩作用の少ない非ベンゾジアゼピン系睡眠薬などもあるため、服用する薬については医師と薬剤師の説明を聞き、相談をしっかりと行う必要がある。

安眠のために必要なこと

不眠を解消し安眠できる生活を取り戻すためには、多くの問題と向き合っていくこが必要になってきます。

  • ストレス管理
  • 日中の過ごし方
  • 寝るまでの過ごし方
  • 食生活
  • アルコール
  • 習慣
  • 薬との付き合い方

全てを一気に解決することはできませんが、影響の大きいものかひとつひとつ解決していくことで着実に睡眠をコントロール出来るようになり、睡眠の質が上がることは人生においてとても有利に働きます。

不眠による病気へのリスクを減らし、集中力が増し仕事の能率も上がります。生活に躍動感が出て、さらに日中の活動が楽しめるようになってきます。

不眠を改善し、安眠へのきっかけとして、頭蓋骨矯正による神経系のリラクセーション効果は大きな力になります。バイオメカニクスに基づいた頭蓋骨矯正は、頭蓋骨の動きを通して脳硬膜の緊張を解放し、その場で全身のリラクセーション効果を得ることができます。

多くの方がその場で寝息をたてるくらい即効性が高く、再現性ある方法を体験してみて下さい。まずはちゃんと寝れることがどんなに素晴らしく有意義なことを思い出していただけるはずです。

自分の睡眠時間を具体的に把握してみる

睡眠時間は人それぞれ。毎朝スッキリ目覚められ、日中にも強い眠気を感じないようであればそれほど心配することもありません。ただ、ヒトの感覚はいい加減で少なからず思い込みの部分もありますので、具体的には把握するためには日記をつける方法がおすすめです。

感覚に頼らず実際に記録してみると、あなたの睡眠が足りているのか足りていないのかが見えてくるだけでなく、対策が打てるようになります。

睡眠日記【PDF】※印刷してご利用ください

不眠症に陥る原因の一つに、生まれ持ったクロノタイプ(体内時計)と実際の社会生活のズレというものがあります。クロノタイプによって朝型か夜型かと言うのは決まってきます。

クロノタイプとは、昼行性のヒトにおける体内時計の24時間周期を刻む周期的なタイミングの違いを指します。簡単に一言にすると、体内時計の個人差のこと。

自分のクロノタイプとは異なるリズムで生活していれば、当然神経には蓄積疲労が溜まり正常な機能が果たせなくなってきます。本来、睡眠時間や就寝時刻は自分のクロノタイプによって決めていくのが理想的であり、この多種多様な世の中で他人や一般論に合わせることは全くもって必要ありません。

クロノタイプについて詳しくは>【ブログ】増えるばかりの睡眠負債をご覧ください。

頭蓋骨矯正による不眠症整体で睡眠リズムを取り戻す

頭蓋骨矯正は、脳硬膜の緊張を解放することで神経にかかっている負担を軽減させ、神経機能をスムースに働かせることによって人体の生理作用を正常に機能させるための技術です。

特に自律神経は、睡眠をコントロールする際にも大きく関わっており、入眠から覚醒までの浅いレム睡眠から深いノンレム睡眠まで睡眠のリズムや深さなどをコントロールしています。自然な質の良い睡眠を得るためにはこの自律神経中枢の働きが欠かせません。

忙しい現代では、仕事や育児、人間関係など気づかない内に自律神経に負荷をかけつづけています。不眠症整体では、神経への余計なストレスを取り除き、生理的な働きを取り戻します。睡眠の質が上がれば慢性的な疲労は改善します。それだけでなく、気分は上がる。活力がみなぎる。幸福感が増す。など人生がとても豊かになります。

その場で変化が分かるくらいに即効性が高く、薬と違って目立った副反応もリスクもありません。頭蓋骨矯正の1回のセッションは30分程度ですが、ほとんどの方がセッションを開始して数分で寝息をたて、気づいた時にはセッションは終わっています。施術前と後の違いは当日から数日にかけて体感できます。

睡眠は、もともと人体に組み込まれたプログラムによって行われてる生理反応です。そのリズムを狂わせている神経機能を正常化してあげるだけでも、比較的スムースに不眠症状は解消に向かいます。

1セッションは50分程度8回ワンクールが目安となります。

まずは体験セッションをお受けいただき、その変化を体感してください。

当院は、以下の理由により自由診療を行なっております

  • 予約枠に対してお一人ずつしっかりとお時間を取って、丁寧にお身体を拝見するため
  • 技術レベルの高いスペシャリストが責任を持って治療にあたるため
  • 最新鋭の設備や機材を導入しているため
  • 一般的な接骨院・整骨院とは、技術内容および質、治療方針が異なるため
  • 医療機関への受診の妨げにならないようにするため >保険併給の制限
  • 整骨院では、慢性痛・障害性の疼痛には健康保険が適用できないため >稲城市ホームページ

 

カウンセリング・評価・治療
体験セッション¥5,000

体験セッションは、カウンセリングから病態の評価と説明、治療までを行います。所要時間は60分前後。身体評価と説明にしっかりと時間をかけ、治療効果の確認と今後のご提案を行います。(体験セッションは予告なく終了することがあります。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。)

  • お支払いは各種クレジットカード、電子マネーに対応しております。
  • 2回目以降の料金詳細は>コチラ

・材料費を含め追加料金はありません。(足底板、インソールなどの物販品を除きます)

・予約枠に対しお一人ずつのご案内です。手を離さず集中して施術を行います。(施術中は電話応対も行なっていません。)

ご予約・お問い合わせ

ご予約・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

LINEで予約・お問い合わせ

友だち追加

お友達登録の上ご利用ください。

メッセージの送受信が確実に行えるため、LINEのご利用をお勧めしております。

メールでお問い合わせ


ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯キャリアのメールアドレスは迷惑メールフィルターがかかっているかかっていることが多く、通常こちらから返信を行なってもエラーで戻ってきてしまうため返信が行えません。Googleのgmailなどのフリーメールをご入力頂くか、お手持ちの携帯電話のメール設定で以下のアドレスを受信できるよう設定をお願い致します。reserve@inagi-sekkotsu.com

よくある質問

効果はありますか?

個人差はありますが、施術当日〜数日にかけて変化を感じる方が多くいらっしゃいます。

夜中に目が覚めてしまう方では、

  • 一度も目覚めず過ごせた
  • 朝まで熟眠できた
  • 目覚めがスッキリした

寝つきが悪い方では、

  • 夜ウトウトとしてきた
  • 薬を減らしても大丈夫だった
  • 気付いたら朝だった

など、患者さまによって変化は様々ですが、今まで長い間変化しなかったことが画期的に変化することがあります。当然ですが、睡眠障害は生活環境や習慣など様々な要因があり症状が起きていますので、ひとつのことでは解決しません。

ただ、神経のリラクセーションがしっかり得られるだけでも、その障害を乗り越えるきっかけになることもありますので、まずは体感していただくと良いと思います。

睡眠薬を飲まなくて済みますか?

服用されている薬につきましては、ドクターの指示に従っていただくことを前提に施術を行なってまいります。薬の服用について当院から指示または指導をすることは一切ありませんが、治療が進むにつれ症状が改善に向かった方はドクターとご相談の上、薬の減薬または中止されている方は多くいらっしゃます。

頭蓋骨矯正は痛いですか?

頭を触れられているくらいの感覚です。一切痛みを伴う操作は行いません。神経の緊張を解放する技術ですので、ほとんどの方が数分で寝息をたてるような方法で、穏やかで心地よさを感じます。

頭蓋骨って動くの?

僅かですが動きます。動く幅は数ミリで数値化が難しいほど繊細な動きです。小顔効果は骨の形が変わるわけではありません。頭蓋骨矯正による小顔効果は、神経系の解放により代謝が促進することで循環が良くなり、むくみの改善と頭蓋骨内の圧力が下がることに由来するものです。

首や背骨をボキボキ鳴らすようなことはしますか?

ボキボキ鳴らすような施術をスラスト呼びますが、当院では一切行いません。